名古屋大須のレンタルスペース-maison shintenchi (メゾン シンテンチ) –,名古屋大須のレンタルスペース

【展示報告】前畑 裕司 個展 / JAPANESE PAINTING? JAPANESE PAINTING?

IMG_1842-1

 

 

2月9日をもちまして、レンタルスペースmaison shintenchi(メゾンシンテンチ)4回目の企画展となる
「前畑 裕司 個展  /  JAPANESE PAINTING?  JAPANESE PAINTING?」
が終了いたしました。
たくさんの方に足を運んでいただきましてありがとうございました。

 

前畑さんは愛知県名古屋市生まれ、地元でもある愛知県立芸術大学で日本画を学んだのち、現代美術の分野で発表をされています。
今回は原点でもある「日本画」、「日本の絵」とは一体何か?
というテーマに基づいて、絵画と物で展示を構成されていました。

 

 

_DSC0003-3

 

会場の真ん中には、印象的な細長い展示台が設置され、
壁面の作品の題材になった物が等間隔に並べられています。
拾ったものや、インターネット、リサイクルショップで購入したものなど
様々だそうです。

 

_DSC0025-3

中央に「JAPAN」と配されたポストカード

中央に「JAPAN」と配されたポストカード

外国の人向け、日本のガイドブック

外国の人向け、日本のガイドブック

特徴的なデザインのTISSUEPAPER

桜模様にデジタルな文字が特徴的なデザインのTISSUEPAPER

 

 

生け花の本

生け花の本

舞妓さんのカード

舞妓さんのカード

ぐにゃぐにゃのカップ。日本ぽい女の人の絵がプリントされています。

ぐにゃぐにゃのカップ。日本ぽい女の人の絵がプリントされています。

 

これらの物を題材に、
基本的には日本画の画材である「岩絵具※」や大きな「和紙」を用いて、絵画が制作されています。

※「岩絵具」は天然の鉱物や色ガラスを砕いて作られている、ザラザラとした独特な質感の絵具です

 

_DSC0020-20

_DSC0012-12

_DSC0049-49

_DSC0014-14

_DSC0009-9

 

 

さまざまな「日本的な題材」をもとに、「日本画」の素材と形式を用いて描かれた絵画。
それらは「日本の絵」なのでしょうか。
展示を見終わった後も前畑さんの問いかけが頭に残ります。

今後もしばらくこの「ジャパニーズペインティング?」というシリーズを展開し、まだまだ作品は増えていくようです。

前畑さん、どうもありがとうございました!

 

 

 

photo by Norihito Hiraide

photo by Norihito Hiraide

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前畑裕司 個展  /  JAPANESE PAINTING?  JAPANESE PAINTING?

【開催日時】
2017-01-28 〜 2017-02-09
※会期延長しました

 

前畑 裕司  |  Yuji Maehata

1986年愛知県名古屋市生まれ

[個展]
2011
「vision.」 伊勢現代美術館/三重
「noisy」 gallery N/愛知

2012
「pictures」 gallery N/愛知

2013
「FRAGMENT」 伊勢現代美術館/三重

2014
「日常 / 借景」 gallery N/愛知

2016
「POSTER」 studio AMR/愛知
「ジャパニーズペインティング?」 gallery N/愛知