名古屋大須のレンタルスペース-maison shintenchi (メゾン シンテンチ) –,名古屋大須のレンタルスペース

Norihito Hiraideインタビュー

Norihito hiraide

Norihito Hiraide profile photo

レンタルスペースmaison shintenchi(メゾンシンテンチ)第二回の展示として写真家のNorihito Hiraideさんに展示をしていただくこととなりました。
より多くの方にNorihito Hiraideさんの作品について知っていただくため、作品について、制作についてお話を伺いました。


今回は初の個展とのことで、意気込みや心境をお聞かせください。

―初の個展ではないんです〜😅
2015年11月名古屋のイエネコカメラさんで個展をさせていただきました〜♫
今回はそれ以降初の展示になります。一年間、撮りためた渾身の写真です!!


平出さんのInstagramを拝見すると、人物や風景さまざまな対象を撮られていますね。
その場で出会ったものへのまなざしが見えてくるようです。今回の展示はどのような作品を展示されるのでしょうか。

―今回に限らず展示には特にテーマなどはありません。僕のライフスタイル・日記の様な物です。
norihitohiraide instagram:https://www.instagram.com/norihitohiraide/


写真を始められてどのくらいなのでしょうか、また始めたきっかけなどお聞かせください。

―写真を撮り始めて5年になります。
「インスタントに出来る自己表現方法は何か」と考えてカメラを選びました。全然、インスタントではなかったです。


カメラはどのような機種を使われているのでしょうか。

―ローライ35。
ミノルタ・オートコード。
リコー・マイポートズームミニ。


フィルム撮影の良いところや難しいところを教えてください。

―1本のフィルムには枚数が限られています。シャッターを押す緊張感がフィルム撮影での醍醐味だと思います。


被写体をえらぶにあたって、共通点はあるのでしょうか?

―あります!
直感でビビッと来たものを選んでいます。
ビビッって何ですかね〜?(笑)


写真を撮るために遠出をすることもあると伺いました。ファインダー越しに見ることと、
実際の目で見ることはどのように違うのでしょうか。

―僕の場合、ファインダー越しも実際の目も大きな差はない様に感じています。上手く説明出来ないのですが、極々稀にファインダーを覗いた瞬間にゾクっとなるくらい絵になって見える時があります。この感覚が堪りません〜♫


どのような人物に影響を受けていますか。(写真家などこだわらずに)

―僕の五感に触れた全ての人から影響を受けています。


頂いた名刺の似顔絵に「チャーシュー」と書いてありますが、「チャーシュー」とは何でしょう?

―チャーシューはニックネームです♫
チャーシューと呼んで下さい♫


今後やってみたいことはありますか?

―写真集を作製したいですね。


Norihito Hiraideさん、お忙しいなかお話有難うございました。
11月11日(金)より名古屋市中区大須のmaison shintenchiで展示が始まります。
ぜひNorihito Hiraideさんの世界観を見にきてくださいね。

norihitohiraide instagram:https://www.instagram.com/norihitohiraide/
norihitohiraide tumblr:http://norihito-hiraide.tumblr.com/


img_20160716_0012_new_new

Norihito Hiraide photo exhibition

【開催日時】
2016-11-11(金)12(土)13(日)・18(金)19(土)20(日)
13:00-19:00

opening party(無料)
11/13(日) 18:00-