名古屋大須のレンタルスペース-maison shintenchi (メゾン シンテンチ) –,名古屋大須のレンタルスペース

 

レンタルスペースmaison shintenchi(メゾンシンテンチ)をレンタルしていただいた、
二つのアクセサリーブランド、「Arpeggio(アルペジオ)」と「GISEL(ギセル)」による合同展示販売会「時とともに。」が12月16日をもちまして、終了いたしました。
たくさんの方に足を運んでいただきありがとうございました。

布花を用いて制作するArpeggioと真鍮を主に素材として扱うGISEL、
それぞれ違う素材を扱うお二人ですが、布花、真鍮はどちらも経年による変化が楽める素材だそうです。
展覧会名の「時とともに」には自分自身も歳を重ねていくのと同時にアクセサリーも共に歳を重ねて欲しい。そんな想いが込められています。
今回の展示会のために制作されたお二人の共同作品、ブローチは特に人気を博していました。

 

 

 

 

会場作りもとても丁寧に、繊細にされており
壁に落ちる影や会場全体の見え方まで神経が張り巡らされた展示をされていました。
作品の一つ一つがオブジェや芸術品のようです。

 

 

制作のプロセスにもそれぞれ違いがあります。GISELの作品はデザイン画などを描かず、作りながら形を決定していきます。
そのため1点ものも多く、その時にしか出会えない貴重なものもあります。

Arpeggioでは、花という具体的なモチーフを制作するためプロセスや工程が練られ質感やフォルムの追求に試行錯誤が重ねられています。
今回はいろんなお客様に見てもらいたいという想いからいつもとは少しテイストの違うデザインにもチャレンジされたようです。

 

 

作家のお二人の穏やかな人柄のためか、お客さんの滞在時間も長くゆったりとした時間が流れていました。
ArpeggioとGISELのお二人どうもありがとうございました! また是非名古屋で展示会していただきたいです。