名古屋大須のレンタルスペース-maison shintenchi (メゾン シンテンチ) –,名古屋大須のレンタルスペース

NaAst インタビュー

レンタルスペース maison shintenchi(メゾンシンテンチ)では
11月8日(木)~11月13日(日)の6日間、
名古屋出身のデザイナーtakada shioriによる伝え表現するアクセサリーブランド、「NaAst(ナースト)」のPOP UP SHOPが開催されます。

展示会やブランドについて多くの方に知っていただくため、takada shioriさんにお話を伺いました。


「NaAst」について教えてください。

 

ブランド「NaAst」のテーマやコンセプトなどございましたら教えてください。

− 伝え表現するアクセサリー。
実際に「sumi-墨-」で描き、かすれ/躍動感・滲み/立体感・余白/美しさ・強弱/力強さと繊細さを
アイテムに反映。また唯一無二のリメイクアイテムも展開。

 


今回の展示会はどのような内容になるのでしょうか。教えてください。

― NaAstの世界観を空間でも表現出来たらと思います。

 


いつ頃からアクセサリーのデザインや制作に興味を持たれましたか。

― 幼い頃から細かい作業をする事が好きで、アクセサリー制作に結びついていきました。

 


デザインのテクスチャーに「sumi-墨-」を用いたきっかけや理由などございましたら教えてください。

― スマートフォンが普及して便利になった分、文字を書く習慣がめっきり減り、以前書けていた漢字が書けない思い出せないという瞬間がありました。その時、忘れていく怖さや切なさを感じ、その気持ちを忘れないよう幼少期から書道を習っていた事もあり、sumi-墨-の魅力を身に付ける物に反映したいと思ったのがきっかけです。

 


インスピレーションを得たり、ソースにしているものはありますか?

― 生活していく中で自分自身から生まれる様々な感情などをベースにテーマそしてデザインに落とし込んでいます。

 


デザインをアクセサリーとして形にする際にどんなところにこだわっていますか?

― 身に付けるだけで日常生活に+a出来るようなアイテムになればと思います。

 


これまでに影響を受けた作家や物、出来事はありますか?あれば教えてください。

― Vivienne Westwood。伝えたい事をダイレクトに潔くアイテムに反映させていて、インパクトがあり、身に付けるだけで気持ちをワクワクさせてくれるアイテムの数々にいつも刺激をいただいています。

 


今後やってみたいことはありますか?

― アクセサリーの枠を越えて、表現したい事を作品にして伝えていけたらと計画しています。

 


 

takada shioriさんお忙しいところありがとうございました!
デザイナーの感性や実感の込められたアクセサリーの数々、ぜひ会場にてご高覧ください。

 

NaAst POP UP SHOP

【開催日時】
2018-11-8(木)~13(火)
8日     14:00-19:00
9日     11:00-19:00
10日     11:00-19:00
11日     11:00-19:00
12日     11:00-19:00
13日     11:00-17:00






NaAst
2015年にアクセサリーブランド「NaAst」をスタート。
商業施設、ギャラリースペースにて不定期にPOP UP SHOP開催。
伝え表現するアクセサリー。
実際に「sumi-墨-」で描き、かすれ/躍動感・滲み/立体感・余白/美しさ・強弱/力強さと繊細さをアイテムに反映。
また唯一無二のリメイクアイテムも展開。

NaAst HP:https://naast.jp/